中古住宅の購入・売却

レインズは一般公開されている!?不動産の購入や売却時に一般人がレインズを見る方法とは?

レインズ(REINS)は一般公開されている!?一般人(個人)がレインズを見る方法とは

不動産会社に対してマイホームの購入について相談している中で、「不動産会社はレインズで物件共有しているので、どの不動産会社でも取り扱える物件はほとんど同じです。」という話をされた人も多いのではないでしょうか? 不動産業界では、物件の流通性を高めるためにレインズ(REINS)というシステムを使って、物件情報を共有する仕組みになっています。 この記事では、レインズ(REINS)とはどういったものなのか?レインズを利用するメリットやデメリット、一般人がレインズを見る方法についてご紹介していますので、「レインズにつ ...

不動産は住んだままだと売れにくい!?居住中物件を高く売る方法とは?

不動産は住んだままだと売れにくい!?居住中物件を高く売るためにできることは?

家族が増えて今のお家が手狭になったり、マンションから戸建に引っ越したいという理由などで「お家を買い替えたい」と思う場面もあるでしょう。 そのような場合「先に引っ越してから売却するか」「住みながら売却するか」のどちらかになります。一般的には、先に引っ越してから売却した方が売りやすいと言われていますが、実際にはどうなのでしょうか? 本記事では、住みながら売却しようか迷っている人に向けて、居住中不動産を高く売るためにできることなどをご紹介します。 住みながら不動産を売却する場面とは? まずは、住みながら売却する ...

新耐震基準と旧耐震基準の違いとは!新耐震基準のメリットや見分け方を解説

新耐震基準と旧耐震基準の違いとは!新耐震基準のメリットや見分け方を解説

最近はライフスタイルが多様化して自分らしさを追求する人が多くなり、「古いマンションを自分好みの部屋にリノベーションをしたい!」という人も増えてきました。 リノベーションには工事内容によっては高額な費用が必要になるため、「古くても良いからとにかく安い中古住宅を選ぼう…」と築古住宅を探している人も多いと思います。 しかし、何も知識がない状態で築古住宅を購入するのには危険が伴います。今回は築古住宅を購入する前に知っておいてほしい「旧耐震基準」と「新耐震基準」について解説します。 新耐震基準と旧耐震基準の違いとは ...

保証がつかない中古住宅でも安心!万が一に備える「既存住宅売買瑕疵保険」とは?

保証がつかない中古住宅でも安心!万が一に備える「既存住宅売買瑕疵保険」とは?

中古住宅を取引する場合の大きな懸念材料として、「保証が付かない」という点が挙げられると思います。中古住宅の売買取引のほとんどが個人間売買のため、瑕疵担保責任を免責する形での取引が多くなっています。 そのような取引では、もし万が一購入した物件に不具合が見つかったとしても、その責任は購入者が負担することになります。そういったリスクの高さから、中古住宅が敬遠され、中古住宅の流通性を下げる要因となっていました。 しかし、2016年に国土交通大臣が指定する住宅保険会社から「既存住宅売買瑕疵保険」の提供が開始され、中 ...

中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)とは?診断内容や費用の相場を紹介

中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)とは?診断内容や費用の相場を紹介

2018年4月に宅地建物取引業が改正され、中古住宅のインスペクション内容について説明することが義務付けされました。 2020年4月には民法も改正し、「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」へと変わったことで、ホームインスペクションを意識する人も増えてきています。 しかしホームインスペクションが広がってきたのはつい最近のことなので、まだ理解している人は少ないように感じます。 そこで今回はホームインスペクションについて解説していきたいと思います。 ホームインスペクションとは? ホームインスペクションとは、住宅に ...

耐震基準適合証明書で住宅ローン控除が受けられる!?必要な費用や取得方法などを解説

耐震基準適合証明書で住宅ローン控除が受けられる!?必要な費用や取得方法などを解説

中古マンションや中古戸建などの購入を考えている人の中には「耐震基準適合証明書」の取得を考えている人も多いでしょう。 マイホームを購入するメリットの一つとして「住宅ローン控除」という制度があります。 住宅ローン控除を適用させるには様々な要件がありますが、その内の一つに”築年数の要件”というものがあります。 耐震基準適合証明書を取得することで、住宅ローン控除を受けるための築年数の要件の緩和を受けることができます。 住宅ローン控除以外にも様々なメリットがあるので、耐震基準証明書について理解を深めておきましょう。 ...