お役立ち情報

耐震等級3はいらない?メリット・デメリット、費用相場をご紹介!後悔しない家づくり

耐震等級3はいらない?メリット・デメリットを知って後悔しない家づくりを実現しよう

日本列島の真下には北米プレート・太平洋プレート・フィリピン海プレート・ユーラシアプレートの4つのプレートが集まっているため、世界の国々と比べて地震の発生頻繁が高く「地震大国」と呼ばれています。 そのため、これからマイホームの購入を検討している人の中には「耐震等級は最高等級を取得したい!」と考えている人も多いと思いますが、反面「本当に効果があるの?」「何かデメリットはない?」と不安になっている人も多いでしょう。 そこでこの記事では、最高等級である「耐震等級3」を取得するメリット・デメリットをにお伝えしていき ...

斜線制限は用途地域ごとに定められている!?北側斜線制限・隣地斜線制限・道路斜線制限を解説

斜線制限は用途地域ごとに定められている!?北側斜線制限・隣地斜線制限・道路斜線制限を解説

これから土地の購入や注文住宅を検討している人にぜひ知っておいて欲しい知識に「斜線制限」というものがあります。 斜線制限を知らずに土地を購入してしまうと「3階建てを建てようと思っていたのに2階建てしか建てられなかった」という事態にもなりかねませんので、土地の購入前に斜線制限に対する基本的な知識を身に付けておきましょう。 本記事では、「道路斜線制限」「隣地斜線制限」「北側斜線制限」という3つの斜線制限に関する基本的な知識と、斜線制限の計算方法や緩和措置について解説いたします。 そもそも斜線制限とはなにか? そ ...

狭小住宅で後悔しないために!間取りアイデアや狭小地を選ぶポイントを解説

狭小住宅で後悔しないために!間取りアイデアや狭小地を選ぶ際の注意点を解説

日本は海や山に囲まれ、人が居住できる土地は全国土の約27%ほどしかないと言われています。又、都心に人口が集まる傾向があり、東京都・神奈川県・大阪府の人口密度が日本のトップ3となっています。 特に東京都は、都市別の人口密度ランキングで世界第4位となっていることから、日本の人口密度がいかに高いかが分かると思います。 そのような社会的背景があるため、日本の都心では狭小住宅の購入を検討している人が多いですが、狭小住宅の間取りを考える際には工夫が必要になったり、狭小地ならではの注意点が存在しています。 本記事では、 ...

UA値・C値・Q値とは?高気密高断熱住宅に欠かせない数値の意味や違いを解説

UA値・C値・Q値とは?高気密高断熱住宅に欠かせない数値の意味や違いを解説

マイホームを建てる際、どのハウスメーカーに依頼するかを判断するにあたって、住宅性能はとても重要なポイントだといえるでしょう。 いくらデザイン性が高かったとしても、快適に過ごせない家であれば長期間住み続けることは難しくなってしまいます。 住宅性能を判断するための数値はいくつか存在していますが、高気密・高断熱の住宅性能を表す代表的な指標にUA値・C値・Q値というものがあります。 この記事では、UA値・C値・Q値の数値の意味や算出方法、推奨値について解説しているので、マイホームをどのハウスメーカーに建ててもらお ...

全館空調システムとは!メリットとデメリットを知って、いるかいらないかを決めよう

全館空調システムとは!メリット・デメリットや導入費用の目安をご紹介

近年、全館空調システムを提案するハウスメーカーが増えたことで、全館空調に関心を持っている方が増えているように思います。 「一年中、家のどこにいても快適に過ごせる」というフレーズに惹かれ、採用を検討している方も多いと思いますが、一方で「電気代がかかりそう」「デメリットも知っておきたい」といった心配の声も多く聞かれます。 そういった方に向けて、本記事では全館空調システムの基本的な仕組みや、全館空調システムを導入するメリット、デメリットについてご紹介いたします。 全館空調システムとは? これまでの空調というと、 ...

耐力壁とはなにか?配置のバランスや種類、筋交いと耐力面材の違いを解説します

耐力壁とはなにか?配置のバランスや種類、筋交いと耐力面材の違いをご紹介します

建物を新築する際、「耐力壁」という言葉を耳にする機会があります。住宅業界に従事している人でない限り、耐力壁とは何か?どんな役割があるのかを答えられる人も多くはないでしょう。 耐力壁のことを理解すると、マイホームを建築するときの間取りを考えるのに役立つだけでなく、将来リフォームするときのことも考えたプランニングができるようになります。 この記事では、「そもそも耐力壁ってなに?」「耐力壁はどう配置しないといけないの?」といった疑問にお応えいたします。 耐力壁とは? 構造部となる柱・梁・土台を組んだだけでは水平 ...

耐震等級3(最高等級)は必要?住宅性能表示制度で評価される10分野の項目を解説

住宅性能評価書を取得するメリットとは?評価項目や費用相場、等級についてわかりやすく解説

マイホームを購入もしくは建てようとするときに「耐震等級3」や「住宅性能評価」といった言葉を耳にします。 それらは住宅性能表示制度のことを指しています。住宅性能表示制度がどのようなもので、どんなメリットがあるか気になっている人も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、住宅性能表示制度の基本をはじめ、どのような項目を評価するのかといった点について紹介します。 住宅性能評価書を取得することで、住宅性能が上がるだけでなく税金面での優遇もあります。これからマイホームのご購入を検討されている方はぜひ参考にして ...

基礎断熱の床断熱の違いとは!床下換気やシロアリ対策はしなくて良いの?

基礎断熱工法はシロアリに弱い?床下換気対策の必要性や床断熱との違いについて解説

ZEH住宅の普及によって、壁や床、天井などに断熱材を使って高い気密性と断熱性を実現する高気密・高断熱の住宅が注目されています。それに伴い、全館空調システムや床下エアコンの導入を検討している方も増えています。 断熱材の役割は、部屋の中と外の熱遮断を行なうことです。そのため、床下の断熱は「床下空間を部屋の内部と考えるか外部と考えるか」によって断熱材の種類や施工方法が異なります。 全館空調や床下エアコンの導入を考えている人にとっては、特に重要なことなので「基礎断熱」と「床断熱」の違いをしっかり理解しておきましょ ...

パッシブデザインとは?アクティブデザインとの違い、5つの設計ポイント

パッシブデザインとは?アクティブデザインとの違いや設計のポイントを簡単に解説します

これから注文住宅を検討している人の中には、パッシブデザインという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。パッシブデザインは、最近注目を集めている建築の設計手法の一つです。 パッシブデザインを簡単にいうと、建物の構造や材料を工夫することによって、熱や空気の流れをコントロールし「夏は涼しく、冬は暖かい」快適な住環境をつくる手法のことですが、具体的にどのようなものか知っている人はそう多くはないと思います。 そこで今回は、パッシブデザインについて紹介していきます。マイホームを新築する際の参考にしていた ...

気密パッキンと通気パッキンの違いとは?基礎パッキンの種類や特徴を解説

基礎パッキンの種類や特徴を解説!気密パッキンと通気パッキンの違いとは?

家づくりを考える際に、ベタ基礎や布基礎といった基礎の種類と同様に、基礎パッキンの種類について考える人も多いでしょう。 木造住宅を建てる場合には、木材の腐食を防止するために、床下の換気性が重要とされています。土壌面が露出している布基礎などでは、水蒸気発散や換気・通風不足によって起こる高湿化は、床下で使われている木材に致命的なダメージを与えてしまいます。 木材が腐食する問題点を改善するために、最近では床下全体を鉄筋コンクリートで覆うべタ基礎が採用された住宅が増えたり、全館空調システムによって床下全体の換気も行 ...

路線価・実勢価格・公示価格の違い!売却時の不動産価格を決める基準にすべきものとは?

相続税対策に不動産が有効とされる理由とは?不動産購入で節税は可能なのか?

2015年に相続税の税制が改正され、相続財産に対する基礎控除額が「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」から「3,000万円+600万円×法定相続人数」に引き下げられたことで、これまでは相続税の課税対象にならなかった方でも相続対策が必要になる可能性があります。 その影響からか、最近は相続対策として不動産を購入したり、アパートやマンションといった収益不動産を建築して相続対策を行なう事例が多いように思います。 しかし相続対策になるからといって安易に不動産投資を始めてしまっては、大切な老後資金を減らして ...

エコキュートを分かりやすく簡単に解説!仕組み・メリット・デメリットとは?

エコキュートにデメリットはある?電気温水器との仕組みの違いや導入メリットを解説

リフォームや注文住宅で建物を新築する際などに、工務店からエコキュートの設置を勧められた人もいるでしょう。 エコキュートに対しては、何となく光熱費が安くなるというイメージを持っている人もいるはずですが、実際に詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか? 本記事では「エコキュートという言葉は知っているけど、どんな商品なのか詳しくは知らない…」という人に向けて、エコキュートの特徴や仕組み、メリット・デメリットなどをご紹介します。 エコキュートの基礎知識を身に付けて、設置した方が良いかどうかの判断ができるよ ...