お役立ち情報

不動産は住んだままだと売れにくい!?居住中物件を高く売る方法とは?

不動産は住んだままだと売れにくい!?居住中物件を高く売るためにできることは?

家族が増えて今のお家が手狭になったり、マンションから戸建に引っ越したいという理由などで「お家を買い替えたい」と思う場面もあるでしょう。 そのような場合「先に引っ越してから売却するか」「住みながら売却するか」のどちらかになります。一般的には、先に引っ越してから売却した方が売りやすいと言われていますが、実際にはどうなのでしょうか? 本記事では、住みながら売却しようか迷っている人に向けて、居住中不動産を高く売るためにできることなどをご紹介します。 住みながら不動産を売却する場面とは? まずは、住みながら売却する ...

新耐震基準と旧耐震基準の違いとは!新耐震基準のメリットや見分け方を解説

新耐震基準と旧耐震基準の違いとは!新耐震基準のメリットや見分け方を解説

最近はライフスタイルが多様化して自分らしさを追求する人が多くなり、「古いマンションを自分好みの部屋にリノベーションをしたい!」という人も増えてきました。 リノベーションには工事内容によっては高額な費用が必要になるため、「古くても良いからとにかく安い中古住宅を選ぼう…」と築古住宅を探している人も多いと思います。 しかし、何も知識がない状態で築古住宅を購入するのには危険が伴います。今回は築古住宅を購入する前に知っておいてほしい「旧耐震基準」と「新耐震基準」について解説します。 新耐震基準と旧耐震基準の違いとは ...

保証がつかない中古住宅でも安心!万が一に備える「既存住宅売買瑕疵保険」とは?

保証がつかない中古住宅でも安心!万が一に備える「既存住宅売買瑕疵保険」とは?

中古住宅を取引する場合の大きな懸念材料として、「保証が付かない」という点が挙げられると思います。中古住宅の売買取引のほとんどが個人間売買のため、瑕疵担保責任を免責する形での取引が多くなっています。 そのような取引では、もし万が一購入した物件に不具合が見つかったとしても、その責任は購入者が負担することになります。そういったリスクの高さから、中古住宅が敬遠され、中古住宅の流通性を下げる要因となっていました。 しかし、2016年に国土交通大臣が指定する住宅保険会社から「既存住宅売買瑕疵保険」の提供が開始され、中 ...

不動産の短期譲渡と長期譲渡の税金の違いとは?取得後すぐに売却すると税金が多い!?

不動産の短期譲渡と長期譲渡の税金の違いとは?取得後すぐに売却すると税金が多い!?

不動産を売却すると、状況によっては譲渡所得税が必要になる場合があります。譲渡所得税のことを”不動産譲渡税”という人もいますが、正式名称は「譲渡所得税」といいます。 不動産を売却する人の中には、「お家が古くなる前に買い替えた方が得をしやすいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、短期所有での不動産売却には譲渡所得税が多く必要になるので注意が必要です。 本記事では、譲渡所得税はどのような税金なのか?譲渡所得税を節税するポイントなどについて紹介していきます。 譲渡所得税ってどんな税金? それでは早速、譲渡所得 ...

中古マンションは購入と賃貸どっちがお得?不動産を購入するメリット、デメリット

中古マンションの購入を検討している人の中には、「購入と賃貸どちらがお得なの?」という点を気にしている人も多いと思います。 日本社会が高度成長期の頃であれば、不動産価格は常に上がり続けていたので、あまり迷わず購入していた人も多かったはずです。 しかし、これからの日本社会ではそれほど大幅に不動産価格が上昇するとは考えにくいため、しっかりと比較検討をした上で購入するかどうかの判断が必要になります。 本記事では、不動産を購入した場合と賃貸で住み続けた場合の比較や、購入した場合のメリット・デメリットについて紹介して ...

土地建物の固定資産税の計算方法!減額制度・節税するための注意点を紹介

土地建物の固定資産税の計算方法!減額制度・節税するための注意点を紹介

土地や建物などの不動産を所有していると、毎年固定資産税を納税する義務が発生します。固定資産税の税額は不動産によって違うため「一体どうやって計算しているの?」と、気になっている人も多いのではないでしょうか? 固定資産税の計算は難しく感じるかもしれませんが、一定の計算方法があるため計算方法を理解すれば誰でも計算することが可能です。毎年自分が納税している固定資産税が、きちんと合っているか確認するためにも、固定資産税の計算方法を理解しておきましょう。 本記事では固定資産税の計算方法に加えて、節税のポイントや減額制 ...

中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)とは?診断内容や費用の相場を紹介

中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)とは?診断内容や費用の相場を紹介

2018年4月に宅地建物取引業が改正され、中古住宅のインスペクション内容について説明することが義務付けされました。 2020年4月には民法も改正し、「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」へと変わったことで、ホームインスペクションを意識する人も増えてきています。 しかしホームインスペクションが広がってきたのはつい最近のことなので、まだ理解している人は少ないように感じます。 そこで今回はホームインスペクションについて解説していきたいと思います。 ホームインスペクションとは? ホームインスペクションとは、住宅に ...

公道と私道の違いとは?不動産価値に大きく影響する「道路の種類・特徴」を解説

公道と私道の違いとは?不動産価値に大きく影響する「道路の種類・特徴」を解説

日常生活の中で、公道と私道の違いや道路の種類についてあまり気にすることはないと思います。しかし、実はこれらのことは不動産の価値に大きな影響を与える重要な要素です。 同じ地域に全く同じ大きさの土地があったとしても、どのような道路に面しているかでその土地の価値は全く異なります。この記事では、道路が不動産価値に与える影響や道路の種類について説明していきます。 道路が不動産に与える影響とは? 道路の種類や特徴を知る前に、道路が不動産に与える影響について理解しておきましょう。 マンションを取引する場合にはあまり関係 ...

建築基準法43条但し書き道路とは?将来的に再建築ができないリスクがあることを知っておこう

一般の人にはあまり聞き馴染みのない「43条但し書き道路」という道路。お家の購入や売却をきっかけに興味を持った人がほとんどではないでしょうか? 建築基準法には、建物を建てる敷地は道路に接していなければいけないという「接道義務」というものがあります。 しかし、すべての土地がこの接道義務を満たせるわけではありません。この接道義務を満たすことができない土地のために、43条但し書き道路という規定が設けられています。 この記事では、43条但し書きとはどういうものなのか?どのようなリスクがあるのかについて解説していきま ...

耐震基準適合証明書で住宅ローン控除が受けられる!?必要な費用や取得方法などを解説

耐震基準適合証明書で住宅ローン控除が受けられる!?必要な費用や取得方法などを解説

中古マンションや中古戸建などの購入を考えている人の中には「耐震基準適合証明書」の取得を考えている人も多いでしょう。 マイホームを購入するメリットの一つとして「住宅ローン控除」という制度があります。 住宅ローン控除を適用させるには様々な要件がありますが、その内の一つに”築年数の要件”というものがあります。 耐震基準適合証明書を取得することで、住宅ローン控除を受けるための築年数の要件の緩和を受けることができます。 住宅ローン控除以外にも様々なメリットがあるので、耐震基準証明書について理解を深めておきましょう。 ...

団体信用生命保険(団信)の種類と保障内容とは?住宅ローンが完済される条件の違いについて

マイホームの購入に住宅ローンを利用する人が多く、ほとんどの人が借り入れと同時に団体信用生命保険に加入することになります。 団体信用生命保険は、住宅ローン名義人が死亡したり高度障害になってしまったときに、住宅ローンが完済されるとても便利な保険です。 住宅ローンが完済されたあとも購入したマイホームに住み続けることができるため、残された家族への負担を軽減させることができます。 家族が安心して生活を続けるために欠かせない団体信用生命保険には、いくつか種類があり、それぞれの保証内容に違いがあります。 万が一のときに ...

高断熱住宅の基準「HEAT20」とは?G1・G2・G3の違いや基準内容を解説

高断熱住宅の基準「HEAT20」とは?G1・G2・G3の違いや基準内容を解説

注文住宅で新築を検討している人の中には「省エネ住宅を建てたい」と思っている人も多いと思いますが、省エネ住宅を建築するのに欠かせない要素に「断熱性」があります。 断熱性の評価基準として、近年「HEAT20(ヒート20)」が注目されています。HEAT20はG1・G2・G3のグレードに区別されており、それぞれに断熱基準が設けられています。 この記事では、HEAT20の基本的な知識、基準内容やHEAT20に対応した住宅を購入するメリットについて解説していきます。 HEAT20とは? HEAT20とは、2009年に ...